制度について

2012年7月から、太陽光発電で発電した電力の全量買取制度が決まりました。これより、有効に活用することが出来なかった土地の活用法として太陽光発電を設置することに注目が集まりました。 地方に行くと活用しようにもできない遊休土地がたくさんあります。過疎化が進み人口も減っていく中で再開発を手掛けようにもできないといのうのが現状だったのです。 しかし、この太陽光発電で土地活用が出来るということで大きな活路が見えてきたのです。 遊休土地の土地活用として、方角や傾きなどによって有効に発電できるかどうか決まってきます。また、遊休土地が広ければ広いほど太陽光発電としての土地活用ができ、結果として大きな発電力を実現することが出来るということです。

遊休土地を太陽光発電の土地活用に着目して参入する企業が増えてきました。 土地活用を目的とした太陽光発電を始める方法としていくつかあります。まず、所有している土地を発電所として建設をする場合です。これは初期費用はかかりますが土地が広いほど早期に回収することができます。 次に、土地を借りて太陽光発電を始める方法です。土地を借りるわけですから地代はかかりますが地代を含めた収益を回収することも可能です。 土地がある人が企業など発電を希望する人に土地を貸すという方法もあります。長期間土地を貸すわけですから太陽光発電の費用などはかからず賃貸収入のみ得ることができます。 斜面などで利用価値のなかった土地こそ、大きな有効性が出てきたといえるでしょう。


太陽光システム